未分類

憧れのもちもち肌!無印良品 化粧水

これから寒くなると共に、やっぱり女性が気になるのはお肌の乾燥。

 

乾燥肌、オイリー肌。

 

お肌のタイプは個人差がありますが、酷い方は冬の乾燥と相まって、お肌が粉をふいたり、痒くなってしまいます。

 

また、乾燥を放置していると、シワの原因にもなります。

 

乾燥により肌表面がカサカサなって、ちりめん状や線状の小さなシワができます。

 

それが時間がたち小さなシワが繋がると、大きなシワになるんですね。

 

そんな、恐ろしい乾燥を防ぐにはスキンケアでの保湿が基本

 

スキンケアというと、洗顔、化粧水、美容液、乳液。

 

色々ありますが、角質や汚れを洗顔で落とした後、化粧でしっかり水分をもたらし、美容液でお肌の老化を予防して乳液で蓋をする。

 

なので、乾燥を防ぐには化粧水が大きなカギなのです。

 

そして、私のおすすめは無印良品の敏感肌用・高保湿タイプ。

 

名前の通り保湿力がバツグンで、お肌に優しいので敏感肌の方から使える。

 

岩手県釜石市の天然水を使用しており、お肌を守るスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスを配合。

 

そして、気になる保湿成分はヒアルロン酸、リピジュアRという成分を配合しています。

 

このリピジュアRという成分、聞きなれない名前ですが、人間の涙にも含まれている「リン脂質」という成分をモデルに作られたそうです。

 

なんと、ヒアルロン酸の2倍も保湿力があるとか。

 

びっくりですね。

 

リピジュアは角質層のさらに奥にある真皮まで保湿してくれます。

 

元々は医療現場で使用されていた成分なのだそう。

 

リピジュアの高い保湿効果が認めれ、近年は様々な化粧品に配合されるようになってきました

 

ヒアルロン酸は水を非常に多く保持する効果がある高分子なので、あくまでも私のイメージですが、リピジュアで奥深く浸透した保湿成分をヒアルロン酸も潤いをもたらしつつ保持してくれるのかなと思います。

 

また、無印良品の化粧水は無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリーで、とってもお肌に優しくて安心です。

 

洗顔後の肌は、顔の汚れも脂も落ちてとても敏感な状態なので、敏感肌の人はその状態で刺激の強い化粧水をつけると顔が赤くなってしまったりしてしまいます。

 

無印良品は保湿を与えつつ、お肌にも優しいなんて最高ですね。

 

そんな無印良品の化粧水、コットンに染み込ませてパッティングするのも良いですが、私はバシャバシャと手から溢れるくらい化粧水を手に取ってから、手のひらの体温で温めて顔を包み込むように化粧水を染み込ませると、モチモチっとした赤ちゃん肌のようになれます。

 

化粧水を染み込ませたあとに、水分が蒸発してしまわないように乳液で蓋をするともっと良いですね。

保湿

私は毎朝、洗顔をしてから化粧水をして、そのまま化粧下地を塗り、メイクをしていくのですが、昼間になると鼻の頭が乾燥でカサカサしてファンデーションが剥がれてきちゃうんですね。

 

しかし、朝の化粧水を無印良品のこちらに変えて、乳液で蓋をしてからメイクをすると夕方まで粉ふきやカサカサすることなく過ごすことが出来ました。

 

本当に感動して、もうこれ以外に使えない!と思って家宝にしております(笑) 高保湿と敏感肌さん用 どちらも兼ねていて、お値段も400mlも入っていて1190円とお手頃。

 

旅行用に最適な200mlタイプもあるので、家用と旅行用と2本持っていてもいいですね。

 

そして、私的にいいなぁと思う点は、化粧水の蓋。

 

指ひとつでパチッって開けれるタイプは、便利なんですけどけっこう勝手に蓋が空いてたりするんですよね(笑) ペットボトルの蓋みたいに回して開けるタイプで、それが開けるのが面倒くさい!という人もいるみたいですが、旅行に持っていく時に横になっても勝手に蓋が空いてしまう心配もないので、私はそこも魅力に感じます。

 

高保湿と敏感肌、兼ね備えた無印良品の化粧水

 

お値段もお手頃で1度試してみる価値あると思います!